FC2ブログ

プロフィール

Etude(エチュード)

Author:Etude(エチュード)
日々の出来事を綴っています。
ミュージカル俳優の山口祐一郎を応援しています。

ニャー

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

クリエミュージカルコンサート

Category: 山口祐一郎さん  

6月26日13:00~ 6列目

昨日、クリエミュージカルコンサート、行って来ました。

コンサート


一般発売で希望日がそしてこの良席がGETできた事、神に感謝です。

そして、もう一つの奇跡(かもしれない)が。。。
昼食をすませ、シアタクリエに向かうと見た事のあるお顔が・・・
違っていたら失礼にあたるので、「かもしれない」と先に書いておきます。
岩崎宏美さんにそっくりな方が目の前にいらっしゃったのです。
何人かの方とご一緒でした。
あまりじろじろ見るのも失礼だし、でも気になるし。

声をかけてみようとも思ったのですが、勇気がなくて。
しかも、誰一人として気づいていない様子だし。
やっぱり別人?

そして、会場に入ると、なんとその方と席がお近く。


気になりながらも、コンサートはスタート。


久々の山路ボーマルシェ。
以前最前列で観劇した「マリー・アントワネット」で声をかけられ興奮したときのがよみがえってきました。

毎日の司会で話すことがないとおっしゃっていました。
昨日はワールドカップが会ったから良かったけど・・・なんて話しながらも楽しいトークを聞かせてくれました。
司会も大変ですね。

ドイツ公演では、ボーマルシェはだいぶ出番を削られてしまっていたそうですね。
もう、「この服(ボーマルシェの衣装)も着れないかと思った」なんておっしゃっていました。
同じ舞台でも、国が変わると色々と変わってくるのですね。

山口カリオストロ、久々にみる祐一郎さん、ほっそりされてとても美しかったです。
声も出ていて、お元気そうで良かった。

「すべてはあなたに」で、今フェルセンが登場したとき、気になっていた岩崎宏美さんではないかと思われる方とお仲間から少し笑いがおこっていました。

「ここで笑いが起きるなんてやっぱり宏美さんだ。ご主人が登場したんだもん」なんて、一人勝手に舞台とは関係ないところで感激していた私でした。(とはいうものの、事実関係は結局わからないままですが。。。)


その今フェルセン、本公演のときより声が伸びていてきれいでした。

シルビアアニエスは、初めて聞きました。土居さんの歌声をアニエス役で聞いたときは、なんて歌唱力のある人なんだろうって感激したのを覚えていますが、さすがシルビアさんも声質は違えども、ステキにアニエスでした。

石川ルイ16世、ホンワカな歌声のなかに感じるルイ16世の心優しさとこうありたかったという無念さを上手に表現されていて、涙がでました。


武岡さんの司会で始まった「Act2」

最初に登場の一路さん。
久しぶりにお姿を拝見して、「ちょっとふっくらされたかしら」と感じました。

聞きなれたエリザベートの声、やはり私の中の「エリザベート」は一路さんだなー。
久々の一路エリザベートに涙がでました。

もう観れないと思っていた「一路エリザVS祐トート」、本当に感激しました。
歌い終わって、ハイタッチをされるお二人の姿にまたまた感激してしまいました。

今回の再演で観れなかった「レベッカ」ですが、本公演では絶対に観ることのできない、2人のダンヴァース婦人が並んで歌う「レベッカが歌う」を聞けてうれしかったです。

「闇が広がる」年齢を感じさせない石川さんは本当にすごいですね。
しっかり「成年ルドルフ」になりきっていました。
祐さんとの息もぴったり。

「最後のダンス」以前と歌い方は違っていますが、最後の力強さは変わりなく、ほっとしました。

直後、そのまま舞台そでへ帰ろうとする祐一郎さんを武岡さんが感想を聞こうと呼び止められたのですが、
「ランチの時間なので・・・」とまたはけようとする祐一郎さん。
相変わらずの祐ワールドに笑いが・・・
またまた呼び止められて、今度は伝統芸能の話をはじめた祐さん。
「狂言は空っぽのほうがいいようなのですが、僕はと聞いたら、あなたはもともと中身がないからいいんですと言われた」のようなことを話していました。

みんなの頭の中はきっと???

武岡さんも「私には伝統芸能の事はわかりません」とおっしゃっていましたが、きっと「祐一郎さんの考えていることは全くわかりません」とおっしゃりたかったのでしょうね。

忘れてはいけない、サブリナ&パトリック
感情表現も歌の迫力もすばらしかったです。
なかなか袖にはけようとしないパトリックを引っ張っていこうとするサブリナ。やっとはけたかと思ったらまた出てきてお茶目な姿を見せるパトリック。歌っている姿とは違い、とってもかわいらしい一面もみれました。
武岡さんの情報によると、ドイツには長靴が2色しかなく、日本にあるカラフルな長靴をみて絶対に買って帰ろうと思っていたようですが、喉の調子を整える為の機器が日本ではドイツの1/3の価格で買えるとの事で、それを買ったため長靴を買えなかったようです。


カテコは2回くらいだったでしょうか。
祐一郎さんの真似をして両手でお手振りをしていたら、気づいてくれたのか、こちらを見てお手振りをしてくれました(多分、気のせいだろうけど、ポジティブに考えてみました)

千秋楽の今日のコンサートは、どんな感じでしょうか。

ランキングに参加中です
ポチっとお願いします

スポンサーサイト

 2010_06_27

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Flashリバーシ

FC2カウンター

ダンス・オブ・ヴァンパイア

僕をクリックしてね



pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。